専任技術者の要件証明について

専任技術者の要件を証明するための書類とは

建設業許可を受けるため、絶対に欠かすことができない人的要件の一つが「専任技術者」です。


専任技術者は、土木、建築等の施工管理技士のような国家資格者であれば問題ありませんが、それらがなければ「実務経験」、すなわち当該建設工事の施工を指揮、監督した経験又は実際に施工に携わった経験で専任技術者となりうる資格を証明しなければなりません。


実務経験は、一般建設業の場合、高校の所定学科卒業後5年間、大学の所定学科卒業後3年間、学歴に関係なく10年以上必要で、特定建設業の場合は「指導監督的な実務経験」(建設工事の設計又は施工の全般について、工事現場主任、現場監督等の資格で工事の技術面を総合的に監督した経験)として、一般建設業の専任技術者の要件に加え、この経験が4,500万円以上の元請工事について2年以上必要です。


専任技術者の要件を証明するためには、これらの資格や実務経験が明らかになるよう、次の資料を提出して証明します。


 国家資格等で証明する場合

  ・資格者証、合格証明書等の写し


 実務経験で証明する場合

  ・実務経験を積んだ工事の契約書・注文書・注文請書等の写しを必要年数分

  ・出身校の卒業証明書及び履修科目証明書(指定学科卒業後3年・5年の
   実務経験の場合)

  ・実務経験期間中の常勤を確認できる書類等

   <例示>

   事業所名と資格取得年月日が記載された健康保険被保険者証、期間分の
   住民税特別徴収税額通知書、ねんきん特別便、被保険者記録照会回答票
   等のいずれかの写し


 *必要に応じ、これら以外の書類(たとえば住所と勤務地が離れている場合
  「通勤経路図」「定期券の写し」など)を求められる場合があります。


建設業許可に専門特化
仕事の中身が違います

5296e0d2d3ab7.jpg?_=1385619666

福岡県建設業許可申請は行政書士高松事務所にお任せください


 関連コンテンツ

  建設業の技術部門の総責任者
専任技術者

  専任でなければ専技ではない
専任技術者の「専任」について

  よくある質問
建設業の実務経験(専任技術者)について

  証拠となる資料がないと許可は下りない
建設業許可「書類を書くだけという大いなる誤解」


建設業許可申請でお困りでしたら今すぐご連絡を

ご連絡お待ちしています

e_2rpC

📞092-406-9676

建設業許可を前向きにお考えの方なら初回相談無料です!

平日9時~18時(土曜12時)お急ぎのときは090-8830-2060

休日・夜間も対応しますので、詳しくはお問い合わせください。

 福岡の建設業許可 最短4日で申請!

 建設業許可申請サポート福岡

  行政書士高松事務所(行政書士 高松 隆史)

  福岡市中央区大濠1丁目12-2 セントラルメゾン大濠一丁目301


*平成29年8月28日現在205のコンテンツを掲載しています。詳しくは、左サイドバー掲載の各
 メニュー、又はサイトマップをクリックしてご興味のあるコンテンツをご覧ください。

 それでもお探しのコンテンツが見つかりにくい場合は、サイト内検索(左サイドバー最下部)を
 ご利用ださい。


行政書士高松事務所

〒810-0052 福岡市中央区大濠1-12-2
セントラルメゾン大濠一丁目301

電話番号:092-406-9676

営業時間:午前9時~午後6時(土曜12時)

建設業許可の信頼できる専門家

福岡県の建設業許可申請はお任せください

📞092-406-9676

お急ぎのときは 090-8830-2060

*メールは24時間受付中です

TOP ≫ 専任技術者の要件証明について

e_2rpC

📞092-406-9676

平日9:00~18:00(土曜12:00)

お急ぎのときは 090-8830-2060

休日・夜間の面談もできますので
詳しくはお問い合わせください。

建設業許可票プレゼント

 新規申請をご依頼の皆様に許可票
 (金看板)をプレゼントします。

BsAf8d

建設業許可新規特別プレゼント

よくある質問(実務事例集)

Facebookページ

3V2Qf5

「いいね!」してくださいね

サイト内検索

お探しのコンテンツが見つかりにくい場合にご利用ください。

      powered by Yahoo! JAPAN 

Powered by Flips