建設業許可申請の代表的な業務実績

公開日:2014年12月09日 / 最終更新日:2018年03月24日

建設業許可の代表的な業務実績をご紹介します

受任した業務の中から代表的な事例をいくつかご紹介します。


当事務所では、経営業の管理責任者の経験や専任技術者の要件証明などのことでお悩みの皆様からご相談を受け、行政庁に折衝しながら許可取得にまで至った事例が数多く、実務経験証明が難しいといわれる業種(機械器具設置工事業、電気通信工事業等)も多数手掛けております。


また、裏ワザなどは使いませんが、許可行政庁との協議の中から思わぬ秘策が生まれ、業種追加申請などを成功させたこともございます。

鋼製建具製作・施工(福岡市)

許可区分
福岡県知事許可(一般建設業・新規申請)
許可業種
建具工事業
概  要

解散営業休止中の他社を引き継ぐ形で創業、鋼製建具の製作・施工を
営み15年の法人。未加入だった社会保険にも加入。これですべて要件
クリアと思いきや、登記簿謄本より不祥事失踪中の前経営者の存在を
発見。ただちに解任決議の登記により排除。登記完了を待ち、許可申
請となる。⇒建設業許可申請レポート福岡8

土木資材製造販売業(筑紫野市)

許可区分
福岡県知事許可(一般建設業・新規申請)
許可業種
とび・土工工事業、ほ装工事業、塗装工事業
概  要

希望業種はとび・土工工事業。工事実績は塗装工事のみで、7年以上
の経営業務の管理責任者の経験証明の必要があるところ、当社は設立
8年目。社長の申述でもそこまでの経験はないとのことであったが、
当事務所で精査したところ要件証明可能な書類を発見。これにて無事
許可申請へと至る。⇒建設業許可申請レポート福岡1

保温板金工事(福岡市)

許可区分
福岡県知事許可(一般建設業・新規申請)
許可業種
熱絶縁工事業
概  要
営業年数約40年、事業主及び子息で営む個人の熱絶縁工事業者。当初
法人化を検討したが、不安定な景況を考慮し個人事業のまま許可申請
することに。代替わり後の再新規申請を視野に入れ、子息を支配人登
記し令3条の使用人とした。。⇒建設業許可申請レポート福岡2

土木用計測装置販売業(福岡市)

許可区分
福岡県知事許可(一般建設業・新規申請)
許可業種
機械器具設置工事業、電気通信工事業
概  要
河川工事、ダム工事の水位計測装置をはじめとする土木用計測機器の
販売から設置までを行う会社。機械器具設置工事業と電気通信工事業
という実務経験証明が難しい業種での申請であり、膨大な請求関係資
料の中から適切な工事内容が読み取れる証明資料を吟味した結果、特
に問題もなく許可取得となる。⇒建設業許可申請レポート福岡3

電気工事店(福岡市)

許可区分
福岡県知事許可(一般建設業・新規申請)
許可業種
電気工事業
概  要
第1種電気工事士を主任電気工事士に置く登録電気工事業者。個人、
法人通算で5年間の経営経験だが、開業年度の確定申告をしていなか
ったため5年前に遡り確定申告を行い、経営業務の管理責任者の経験
を証明し、許可取得となった。⇒建設業許可申請レポート福岡4

地場総合建設業(福岡市)

許可区分
福岡県知事許可(特定建設業・更新申請)
許可業種
建築工事業
概  要
許可更新を目前にしてベテラン担当社員が退職。有効期間満了日まで
あまり日数がなく、後任者もまだ建設業許可には不慣れなため、当事
務所にサポート依頼があった。⇒建設業許可申請レポート福岡5

住宅リフォーム工事業(福岡市)

許可区分
福岡県知事許可(一般建設業・新規申請)
許可業種
建築工事業、電気工事業
概  要
水廻り、内外装等のリフォーム工事、太陽光発電、オール電化設備の
据付工事を行う会社。建築工事業のほか、業務内容を勘案し電気工事
業も同時申請。結果的に2業種取得となったが、電気工事業は異例の
実務経験での取得であった。⇒建設業許可申請レポート福岡6

遊戯関連機器設置工事(太宰府市)

許可区分
福岡県知事許可(一般建設業・新規申請)
許可業種
機械器具設置工事業
概  要
パチンコ店内に設置する紙幣搬送システムや玉洗浄機等の遊技関連機
器の販売及び設置工事を行う会社。希望業種は、取引先メーカの指定
により「機械器具設置工事業」。必ずこの業種でなければならないと
いう案件であった。⇒建設業許可申請レポート福岡7

新設会社(福岡市)

許可区分
福岡県知事許可(一般建設業・新規申請)
許可業種
管工事業、消防施設工事業
概  要
大手設備会社を定年退職後に会社設立。一級管工事施工管理技士、甲
種消防設備士の有資格者で専任技術者の要件は問題なし。経営業務の
管理責任者は令3条の使用人の経験により要件をクリア。

仮設リース業(京都郡)

許可区分
福岡県知事許可(一般建設業・新規申請)
許可業種
とび・土工工事業
概  要
元請企業の要請等により建設業許可が必要となる。リースが本業で、
工事は仮設機材の設置に伴う超軽微なものが多く、専任技術者の実務
経験証明に手間取るも、行政庁との協議を重ね、無事許可取得。

建築設備保守点検業(福岡市)

許可区分
福岡県知事許可(一般建設業・新規申請)
許可業種
とび・土工工事業、電気工事業、管工事業、鋼構造物工事業、塗装工
事業、内装仕上工事業、消防施設工事業
概  要
建築設備会社の経営を経て、新たに会社を設立。専任技術者2名で一
級土木施工管理技士、一級電気工事施工管理技士、一級管工事施工管
理技士、甲種消防設備士の4つの資格を保有。また建物保守管理に伴
う営繕工事の実績により実務経験を証明。合計7業種の許可を取得。

機械設備等据付工事業(古賀市)

許可区分
福岡県知事許可(一般建設業・新規申請)
許可業種
機械器具設置工事業
概  要
個人事業創業10年目に法人成り。実務経験での取得が難しいといわ
れる機械器具設置工事業を実務経験10年で許可取得。許可後、下請
契約適正化のため下請負基本契約約款の作成依頼を受ける。

個人事業主(春日市)

許可区分
福岡県知事許可(一般建設業・新規申請)
許可業種
防水工事業
概  要
防水工事業の一人親方が独立5年を機に許可取得。実務経験がわずか
に不足していたが、1級防水施工技能士合格により専任技術者の資格
を得て申請に踏み切った。

足場工事業(福岡市)

許可区分
福岡県知事許可(一般建設業・新規申請)
許可業種
とび・土工工事業
概  要
個人、法人で足かけ10年の経営経験。実務経験が自社の実績のみで
は不足していたため、前勤務先及び前々勤務先の証明を取り付け専任
技術者の要件を満たし、許可取得となった。

造園業(田川市)

許可区分
福岡県知事許可(一般建設業・新規申請)
許可業種
造園工事業
概  要
勤務先の廃業に伴い、取引先を引き継ぐ形で独立。2級造園施工管理
技士で専任技術者の要件はクリア。経営業務の管理責任者は、元建設
業経営者の親戚を取締役に迎え要件をクリアした。

建築材料販売(福岡市)

許可区分
福岡県知事許可(一般建設業・新規申請)
許可業種
タイル・れんが・ブロック工事業
概  要
過去に自社で手続きをしようとして頓挫したという経緯あり。一度は
許可を諦めたが、金額の大きな工事の引き合いがあり、再度許可取得
を決意。今度は最初から専門家に依頼したことにより、結果的に約2
週間で申請に至る。

 建設業許可等の業務に関するご相談は無料です

 建設業許可や経審、その他の建設業関連手続きについて、当事務所へのご依
 頼をお考えなら、ご相談は無料で承ります。

 『建設業許可専門』と称する行政書士は多くいますが、ほとんどは単に手続
 きに詳しいだけで、建設業の仕事までは知らない建設業素人の専門家です。

 素人専門家が悪いとまでは言いませんが、実務を知らないがゆえ、得てして
 うわべだけの正論や机上の空論ばかり振りかざす者も中にはいます。

 その点私は、建設業界の闇や不条理さを自分自身が実際見てきた皆様と同じ
 目線で物事を考えることができる数少ない建設業経営法務の専門家です。

 不正行為に手は貸しませんが、「きれい事で建設業が成り立たない」ことは
 十分承知していますので、そういう専門家よりは頼りになると思います。

 業務報酬額は最安値ではありませんが、ごく標準的な金額で、まったくご心
 配には及びません。むしろ安いと思っていただけるのではないでしょうか。

 貴殿・貴社の許可申請等の手続きや経営上のリスクマネジメントに私の知識
 やノウハウがご必要でしたら、お気軽にご連絡ください。



 関連コンテンツ

  こんな仕事ができるのは当事務所だけ
行政書士高松事務所が選ばれる理由

  行政書士高松事務所ならこう対処する。
「建設業許可は取れない」を覆した事例

  許可申請のドキュメントレポート
建設業許可申請レポート福岡

  当事務所の顧客やご支援くださる皆様
行政書士高松事務所のお客様の声


建設業許可申請でお困りでしたら今すぐご連絡を

ご連絡お待ちしています

65f4f83e002cb77.jpg?_=1599046624

業務の依頼をお考えのお客様ならご相談は無料で承ります

平日9時~18時(土曜12時)お急ぎのときは090-8830-2060

休日・夜間も対応しますので、詳しくはお問い合わせください。

福岡の建設業許可 最短4日で申請!!

建設業許可申請サポート福岡

行政書士高松事務所(行政書士 高松 隆史)

〒810-0024 福岡市中央区桜坂3丁目12番92号

令和4年1月8日現在、全299のコンテンツを掲載しています。詳しくは、左サイドバー掲載の各メニュー、又はサイトマップをクリックしてご興味のあるコンテンツをご覧ください。

それでもお探しのコンテンツが見つかりにくい場合は、サイト内検索(左サイドバー最下部)をご利用ださい。

行政書士高松事務所

〒810-0024
福岡市中央区桜坂3丁目12番92-208号

電話番号:092-406-9676

営業時間:午前9時~午後6時(土曜12時)

建設業許可の信頼できる専門家

福岡県の建設業許可申請代行はお任せください

お急ぎのときは 090-8830-2060

*メールは24時間受付中です

TOP ≫ 代表的な業務実績

お問い合わせはこちらまで

業務のご相談は無料です!お気軽にご連絡ください。(担当 高松)

061dba197596d58.jpg?_=1641783703

9:00~18:00(平日、第1・2土)

お急ぎのときは 090-8830-2060

休日・夜間の面談もできますので
詳しくはお問い合わせください。

建設業許可票プレゼント

 新規申請をご依頼の皆様に許可票
 (金看板)をプレゼントします。

25f50a369c52b23.jpg?_=1599120233

建設業許可新規特別プレゼント

よくある質問(実務事例集)

建設業許可ブログ

建設業許可申請サポート福岡 -blog-
こちらでも建設業許可に関する各種の情報を発信しています。

Facebookページ

55f50a4d0765df8.jpg?_=1599120592

「いいね!」してくださいね

サイト内検索

お探しのコンテンツが見つかりにくい場合にご利用ください。

Powered by Flips