設計施工で受注できる体制を整える

「建設業許可+建築士事務所登録」のおすすめ

新築工事やリフォーム工事、あるいは内装工事を施工する建設業者の皆様が建設業許可を取得し、金額の大きな工事を請け負うことができるようになった次のプロセスとしてお考えいただきたいのは「設計施工」で工事を受注する体制を整えるということです。


建設工事というものは「設計」と「施工」の大きく2つに分かれますが、言うまでもなく「設計施工」とは建築物の設計と施工を同一業者が行うことです。

一般的に、設計と施工は分離発注されることが多いものですが、その理由としては、設計と施工を別にすることにより、しっかりした工事監理が期待できるところにあります。また、建築デザインのプロが図面を描くため意匠的にも動線的にも質の高いプランが期待できるということもあります。


一方、設計と施工を分離しない設計施工にもメリットはあります。それは、設計と工事代金の見積がほぼ同時にできるので、デザインを検討しながら予算を調整することができるという点です。よって、施工段階で工事代金が増額する心配がほとんどありません。また設計と施工が連携しているので、工事の着工から完成までをスピーディーに進捗させることができます。


建築デザインのプロではないので、あまり斬新なプランは期待できないかもしれませんが、その代わり建築施工のプロなので、施工上の不具合を設計段階で予防することが可能です。たとえば「この設計では雨漏りする」などということは、皆様なら事前に大体お分かりになると思いますが、これは大きなセールスポイントになるのではないでしょうか。


なお、設計施工では工事監理と施工を同一業者が行うため、監理面が甘くなりがちなデメリットがありますが、工程会議や社内検査の体制を充実させ、建物の出来栄えを監視するシステムを構築することで、そのような不安を解消することができるようになるはずです。


ところで、施工を専門とする皆様であれば、工事部分である程度の利益が取れるので、設計料はそれほど高くする必要はないと思います。つまり設計施工であれば、総額としては分離発注よりも安くすることが可能になりますが、これは施主にとって何より一番のメリットになると思います。


このように、単に大きな規模の工事を請け負うために建設業許可を取得することからもう一歩踏み込んで、設計から施工、ひいてはメンテナンスまでを一貫して行う体制を構築することは、中小建設業の経営戦略を検討する上で非常に重要なことといえます。その足掛かりとして、特に建築一式工事、内装仕上工事を施工する皆様にご検討いただきたいのが「建設業許可+建築士事務所登録」です。


通常「設計事務所」と呼ばれるのは、建築士法で定められる「建築士事務所」のことです。建築物の設計、工事監理等を行うには「建築士事務所登録」を受けておく必要があります。


登録は、営業所の所在する都道府県ごとの受付になり、建設業許可のような大臣許可(登録)にあたるものはありません。したがって、福岡県以外にも営業所がある場合は、その所在地に応じて当該都道府県の登録を受けるほか、福岡県内に複数の営業所があるのであれば、それら営業所ごとに登録が必要になります。登録申請の受付は、各都道府県の建築士事務所協会であり、福岡県の場合は「一般社団法人福岡県建築士事務所協会(福岡県建築登録センター)」が窓口です。


登録要件の中で重要なことは、社内に「管理建築士」が必要であることです。管理建築士の資格により「1級建築士事務所登録」「2級建築士事務所登録」「木造建築士事務所登録」の区分があります。この区分によって、取り扱うことができる建築物の構造、規模が異なります。


当事務所にご依頼いただけば、建設業許可と共に建築士事務所登録についても手続きを進めさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。


*建築士事務所登録のさらに詳しい情報→建築士事務所登録.com福岡

建設業許可に専門特化
仕事の中身が違います

5296e0d2d3ab7.jpg?_=1385619666

福岡県建設業許可申請は行政書士高松事務所にお任せください


 まずは相談してみませんか?(初回相談無料です)
 当事務所は、福岡県の建設業関連手続き専門の行政書士事務所です。
 建設業経営経験者の行政書士が対応しますので、お話もスムーズです。
 電話又はメールでお気軽にお問い合わせください。



 関連コンテンツ

  許可以外に登録等が必要な場合
建設業許可以外の登録や届出

  建設業許可+宅地建物取引業免許
建設業者が不動産業を併設する意義


建設業許可申請でお困りでしたら今すぐご連絡を

ご連絡お待ちしています

e_2rpC

📞092-406-9676

建設業許可を前向きにお考えの方なら初回相談無料です!

平日9時~18時(土曜12時)お急ぎのときは090-8830-2060

休日・夜間も対応しますので、詳しくはお問い合わせください。

 福岡の建設業許可 最短4日で申請!

 建設業許可申請サポート福岡

  行政書士高松事務所(行政書士 高松 隆史)

  福岡市中央区大濠1丁目12-2 セントラルメゾン大濠一丁目301


*平成29年8月28日現在205のコンテンツを掲載しています。詳しくは、左サイドバー掲載の各
 メニュー、又はサイトマップをクリックしてご興味のあるコンテンツをご覧ください。

 それでもお探しのコンテンツが見つかりにくい場合は、サイト内検索(左サイドバー最下部)を
 ご利用ださい。


行政書士高松事務所

〒810-0052 福岡市中央区大濠1-12-2
セントラルメゾン大濠一丁目301

電話番号:092-406-9676

営業時間:午前9時~午後6時(土曜12時)

建設業許可の信頼できる専門家

福岡県の建設業許可申請はお任せください

📞092-406-9676

お急ぎのときは 090-8830-2060

*メールは24時間受付中です

TOP ≫ 設計施工で受注できる体制を整える

e_2rpC

📞092-406-9676

平日9:00~18:00(土曜12:00)

お急ぎのときは 090-8830-2060

休日・夜間の面談もできますので
詳しくはお問い合わせください。

建設業許可票プレゼント

 新規申請をご依頼の皆様に許可票
 (金看板)をプレゼントします。

BsAf8d

建設業許可新規特別プレゼント

よくある質問(実務事例集)

Facebookページ

3V2Qf5

「いいね!」してくださいね

サイト内検索

お探しのコンテンツが見つかりにくい場合にご利用ください。

      powered by Yahoo! JAPAN 

Powered by Flips