許可区分・業種を決める

公開日:2017年01月29日 / 最終更新日:2017年01月29日

建設業は全29業種「何の許可」を取りますか?

建設業許可の全体像がつかめたら、次にやるべきことは「どの区分で何の業種の許可を取るべきなのか」を見極めることです。


まず許可の区分には「国土交通大臣許可と都道府県知事許可」の区分、「一般建設業と特定建設業」の区分がありますが、このコンテンツをご覧の皆様は、福岡県内で初めて許可申請をご予定の方がほとんどでしょうから、必然的に「福岡県知事許可・一般建設業」の許可取得を目指されることになると思います。

大臣許可と知事許可、一般建設業と特定建設業の差異の詳細については、次のコンテンツをご覧ください。


大臣許可と知事許可

一般建設業と特定建設業


ちなみに、福岡県知事許可であっても他の都道府県で営業活動をすることはできますし、工事の施工をすることもできます。また、特定建設業というのは4,000万円(建築一式工事6,000万円以上)の下請工事を発注する元請業者が取得するべき許可なので、普通は一般建設業でOKです。


さて、次に許可業種ですが、これは少し慎重になるべきです。とび・土工・コンクリート工事とか内装仕上工事とか、ご自分が取るべき許可が明確に決まっている場合はけっこうですが、分からない方は手引きの業種区分を熟読したり、最寄りの県土整備事務所の建築指導課に相談するなどしてください。


また、既に許可業種が決まっている方も、もしかすると業種の選択が不適切だったり、他にも取得しておくべき業種があるかもしれないので、手引きの業種区分は今一度よく読んでおいてください。万が一そのようなことで業種追加申請でもしなければならなくなったときは、無駄な出費も発生しますが、申請そのものが無理なこともあります。


下記のコンテンツで、業種選びのポイントや他に取るべき業種の見極め方を開設しているので、ぜひご覧ください。


許可業種を選ぶときのポイント

附帯工事や関連業種の建設業許可

建設業許可申請でお困りでしたら今すぐご連絡を

ご連絡お待ちしています

e_2rpC

📞092-406-9676

建設業許可を前向きにお考えの方なら無料でご相談を承ります

平日9時~18時(土曜12時)お急ぎのときは090-8830-2060

休日・夜間も対応しますので、詳しくはお問い合わせください。

 福岡の建設業許可 最短4日で申請!

 建設業許可申請サポート福岡

  行政書士高松事務所(行政書士 高松 隆史)

  〒810-0024 福岡市中央区桜坂3丁目12番92号


平成30年8月14日現在、全246のコンテンツを掲載しています。詳しくは、左サイドバー掲載の各メニュー、又はサイトマップをクリックしてご興味のあるコンテンツをご覧ください。

それでもお探しのコンテンツが見つかりにくい場合は、サイト内検索(左サイドバー最下部)をご利用ださい。


行政書士高松事務所

〒810-0024
福岡市中央区桜坂3丁目12番92-208号

電話番号:092-406-9676

営業時間:午前9時~午後6時(土曜12時)

建設業許可の信頼できる専門家

福岡県の建設業許可申請代行はお任せください

📞092-406-9676

お急ぎのときは 090-8830-2060

*メールは24時間受付中です

TOP 建設業許可を 自分で取りたい人の手引き ≫ 許可区分・業種を決める

e_2rpC

平日9:00~18:00(土曜12:00)

お急ぎのときは 090-8830-2060

休日・夜間の面談もできますので
詳しくはお問い合わせください。

建設業許可票プレゼント

 新規申請をご依頼の皆様に許可票
 (金看板)をプレゼントします。

BsAf8d

建設業許可新規特別プレゼント

よくある質問(実務事例集)

建設業許可ブログ

建設業許可申請サポート福岡 -blog-
こちらでも建設業許可に関する各種の情報を発信しています。
2018年8月14日New!
偽装請負と認定されないためにはどうするべきか
2018年8月13日New!
建設業の労働者派遣禁止について
2018年8月1日
株主の不祥事は許可取消事由か

Facebookページ

3V2Qf5

「いいね!」してくださいね

サイト内検索

お探しのコンテンツが見つかりにくい場合にご利用ください。

      powered by Yahoo! JAPAN 

Powered by Flips