防水工事業とは

防水工事業の内容と例示

工事の内容

アスファルト、モルタル、シーリング材等によつて防水を行う工事です。

工事の例示

アスファルト防水工事、モルタル防水工事、シーリング工事、塗膜防水工事、シート防水工事、注入防水工事

工事区分の考え方

●『防水工事』に含まれるものは、いわゆる建築系の防水工事のみであり、トン
 ネル防水工事等の土木系の防水工事は『防水工事』ではなく『とび・土工・コ
 ンクリート工事』に該当します。
●防水モルタルを用いた防水工事は左官工事業、防水工事業どちらの業種の許可
 でも施工可能です。

防水工事業の専任技術者の資格要件等

専任技術者になることができる資格

●1級建築施工管理技士
●2級建築施工管理技士(仕上げ)
●技能士:防水施工(1級)
    :防水施工(2級)【2級は実務経験3年(平成15年度以前は1年)】

*特定建設業の専任技術者になることができるのは、1級建築施工管理技士のみ
 です。

実務経験で専任技術者になるための指定学科

高等学校卒業後5年以上、大学卒業後卒業後3年以上の実務経験で専任技術者になろうとする場合の国土交通省令で定める学科は、「土木工学(農業土木、鉱山土木、森林土木、砂防、治山、緑地又は造園に関する学科を含む)」又は「建築学」に関する学科です。

実務経験の要件緩和措置

防水工事業には「実務経験の要件緩和措置」があり、防水工事の実務経験8年以上に加え、建築一式工事の実務経験があって通算12年以上になれば、防水工事業の専任技術者になることができます。

 お気軽にお問い
 合わせください

YKbasr

許可が取れるかどうか無料診断します

📞092-406-9676 

平日9時~18時(土曜12時) *メール24時間受付中

時間外、お急ぎのときは090-8830-2060


 関連コンテンツ

  営業所の所在による許可区分
大臣許可と知事許可

  下請契約金額の規模等による許可区分
特定建設業と一般建設業

  よくある質問
許可の区分等

  実務経験要件緩和の対象業種等
実務経験の要件緩和措置について


建設業許可申請でお困りでしたら今すぐご連絡を

ご連絡お待ちしています

e_2rpC

📞092-406-9676

建設業許可を前向きにお考えの方なら初回相談無料です!

平日9時~18時(土曜12時)お急ぎのときは090-8830-2060

休日・夜間も対応しますので、詳しくはお問い合わせください。

 福岡の建設業許可 最短4日で申請!

 建設業許可申請サポート福岡

  行政書士高松事務所(行政書士 高松 隆史)

  福岡市中央区大濠1丁目12-2 セントラルメゾン大濠一丁目301


*平成29年8月28日現在205のコンテンツを掲載しています。詳しくは、左サイドバー掲載の各
 メニュー、又はサイトマップをクリックしてご興味のあるコンテンツをご覧ください。

 それでもお探しのコンテンツが見つかりにくい場合は、サイト内検索(左サイドバー最下部)を
 ご利用ださい。


行政書士高松事務所

〒810-0052 福岡市中央区大濠1-12-2
セントラルメゾン大濠一丁目301

電話番号:092-406-9676

営業時間:午前9時~午後6時(土曜12時)

建設業許可の信頼できる専門家

福岡県の建設業許可申請はお任せください

📞092-406-9676

お急ぎのときは 090-8830-2060

*メールは24時間受付中です

TOP 建設業許可の業種区分 ≫ 防水工事業

e_2rpC

📞092-406-9676

平日9:00~18:00(土曜12:00)

お急ぎのときは 090-8830-2060

休日・夜間の面談もできますので
詳しくはお問い合わせください。

建設業許可票プレゼント

 新規申請をご依頼の皆様に許可票
 (金看板)をプレゼントします。

BsAf8d

建設業許可新規特別プレゼント

よくある質問(実務事例集)

Facebookページ

3V2Qf5

「いいね!」してくださいね

サイト内検索

お探しのコンテンツが見つかりにくい場合にご利用ください。

      powered by Yahoo! JAPAN 

Powered by Flips